美肌サプリの口コミランキング!組み合わせが良かったのは?

美肌サプリ口コミランキング!良い組み合わせ

自分のお肌のこと、自分が一番知っていたい

 

お肌にはその人の生活が出る。なんて言葉、聞いたことはありませんか?生活とは食事や運動などなど。バランスのとれた食生活、いろんな種類の食材をまんべんなく食べている人は、お肌もキレイな人が多いです。

 

運動を習慣にしている人は、そうでない人に比べたらたくさん汗をかいて老廃物を流していますし、基礎代謝が高いので、お肌のターンオーバーもスムーズに行われていて若々しいお肌をキープしていると思います。生活が出るのは、なにもお肌だけじゃな気ですね。

 

たとえば、爪を見れば内臓の調子を見抜くことができるとも言われています。爪の皮が剥けているとビタミンが足りていないだとか。ということは、表面を観察すればお肌の内側でどんなことが起きているのかを見抜くこともできちゃうのではないでしょうか?毎日のお手入れで鏡に向かいますよね。せっかく毎日ご自分のお肌を見るなら、変化に築けるようにいろいろ観察してみましょう!

 

シミやシワ、ニキビ、吹き出物が出る以外にもお肌の変化は発見できますよ。紫外線や冷房で乾燥しても、お肌に変化が現れます。自分のお肌だけど・・・よく分かっていないなぁ〜という方も大丈夫です。今日からその習慣をつければよいのです!

 

女性のみなさんは持っていますか?手鏡!バッグに小さい鏡をひとつ忍ばせたり、職場のディスクの隅に立てておくといいでしょう。朝バッチリしてきたメイクが、お昼にはどんな風になっているかでだいぶお肌の調子を読み取れます。朝はお化粧のノリが良かったんだけどお昼頃には崩れてきているのは、朝のスキンケアの効果が薄まっていて潤いが失われ始めているからです。

 

もしもお昼にはお化粧が崩れてしまっていたら、ミストなどで潤いをプラスしてあげたら良いのだとわかりますね。このように、ご自身のお肌のことを知ると、トラブルに早く対処することができます。生理等の影響がお肌に出やすい人も、どんな時期にどんな変化があるか分かれば、あっそういう時期だもんね!と、慌てずに対処してあげられますよね。

 

お肌は人それぞれの肌質や体質があって、正しいルールは一つではありません。あなたのお肌のことはあなたが一番良く知って、自分のお肌とうまく付き合ってもらいたいなと思います。今日から鏡チェックの習慣を忘れないようにしましょう!

 

睡眠の中身を見直すとお肌にも良い生活ができる

 

 

 

 

みなさん、睡眠は十分に取れていますか?睡眠時間というのはお肌にとっても関係してくる生活習慣なんですよ。睡眠不足は人が変わったかのように、その人のお顔を可愛くなくさせちゃうんです。眠たそうに垂れた目や表情にしてしまう他にも、肌荒れを引き起こすからです。

 

眠っているとき、私たちの体内ではお肌を活性化させるホルモンが分泌されます。成長ホルモンという、皮膚や筋肉、骨軟、骨を成長させるための因子なのですが、子供の体が成長する意味とは少し違っていて、大人の場合は体を修復して正常にしてくれるものなのです。

 

成長ホルモンは代謝にも関わっていて、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が減ると代謝が悪くなりやすいです。また、体調不良になりやすかったり、免疫力が弱まるので病気しがちになったりもします。

 

お肌の場合、ここでの成長とは、=お肌の回復です。お肌のターンオーバーを正常に保ったり、古い角質が肌からはがれやすい肌にしてくれます。ターンオーバーが正常であれば、くすみやシミ、シワは起こりにくいですし、ニキビや吹き出物も発生しにくいです。発生してしまったとしても治りやすいでしょう。

 

寝不足だと、目の下にクマができますね。クマってなんでできるか知っていますか?実は寝不足で血の巡りが悪くなったせいでクマができてしまうんです!睡眠不足だと成長ホルモンの恩恵を無駄にしてしまっているかもしれません!お肌を活性化させるホルモンの恩恵を十分に受けるためにも、睡眠時間はしっかり取りましょう!

 

 

■ゴールデンタイム、またはエンジェルタイムとは?
夜の10時〜深夜2時にかけてをゴールデンタイムと呼ぶのは知っている人も多いと思います。この時間帯は成長ホルモンの分泌が盛んなので、この間に就寝していると、更にその効果を得ることができる黄金時間のため、ゴールデンタイムと言われています。ゴールデンタイムという呼ばれ方が多いですが、エンジェルタイムとも呼ばれています。

 

しかし夜の10時に就寝しているというのは、忙しない現代社会ではなかなか難しいことのように思います。お仕事をしているから、夜10時頃はまだ眠れない。これではお肌がずっとボロボロになっちゃうの!?

 

でも、安心してください。様々な諸説の中で、睡眠導入から3〜4時間は成長ホルモンが活発に分泌されているということが分かったのです。夜10時〜深夜2時がゴールデンタイムと言われているのは、今ほど忙しい社会じゃなかった頃の人びとの生活サイクルでは夜10時頃はすでに睡眠時間だったというデータに基づいたものだったからです。

 

眠りはじめの最初の3〜4時間は成長ホルモンが盛んに分泌されます。これで忙しない現代社会の生活にも光が差しますね!とは言っても、やはり早寝早起きが美容、健康ともに大切な変わりないです。できれば日付が変わる前にはベッドに入って就寝に備えていたいものです。

 

■質の高い睡眠に変える
眠って3〜4時間は成長ホルモンがたくさん分泌されるのは分かりましたね。しかし、睡眠の質を良いものに変える気遣いをすることで、更に成長ホルモンの働きを活発にすることができます。睡眠前にできることは、これだけあります。

 

・睡眠前のお肌のお手入れ
睡眠中は血行が良くなるので、体全体に栄養が行き渡りやすくなります。お肌にも十分に栄養を補給できるように、寝る前にスキンケアをしてお肌環境を整えてあげます。また、保湿や美容成分の含まれている美容液を塗ってあげることで、睡眠中に美容液の効果を最大限生かすことが出来るでしょう。

 

・強い灯りを落とし、体をリラックスさせる
質の良い眠りのためには、体をリラックスさせてあげることが大事です。眠る前、テレビやパソコン、スマートフォンの画面を眺めていると、目に受ける強い光で緊張状態が続いてしまいます。そのため、睡眠前はできるだけテレビやスマートフォンはやめて、部屋の照明も暗めの落ち着いたものに変えます。できるだけ周りを暗くすることで眠気を促しますし、朝は日差しを浴びることで体にメリハリ月期、健康にも良いでしょう。

 

お肌の再生のためには睡眠が関係している?

 

キレイな美肌に効くサプリメントのためには、なんといっても睡眠が大事です。でも、その睡眠のとり方にもコツといいますか黄金時間があって、それを守ることでより一層お肌に良い睡眠ができるんですよ。いくら長い時間眠ったからと言っても、それが黄金時間の内での睡眠でなければ意味がなくなってしまうかも。そう、睡眠は、その多さよりも質がカギとなってくるのです。

 

 

■肌再生のゴールデンタイム
夜、睡眠時間に最も適していると言われている時間帯があります。その時間帯は、肌の再生を促すホルモン、「成長ホルモン」の分泌が盛んになる時間帯なのです。

 

成長ホルモンとは、体の肌や骨、軟骨、筋肉などを成長させる因子であり、子供の成長期にこの時間帯に眠ると大きくなるよと言われるのはこの成長ホルモンが活発に分泌される時間帯だからなのです。成長ホルモンが活発に分泌されている時間帯に眠っていることで、成長ホルモンの恩恵をたくさん受けやすくする状態を作るのです。

 

お肌の場合は成長=再生という意味になりますね。もともとお肌の代謝の働きによって若々しい状態をキープしようとする働きがあります。年を取ると細胞が老化したり、ダメージが蓄積されるので、だんだんとその力が衰えてしまいます。しかし、成長ホルモンをうまく活用することで、若々しさをキープしようとする肌の再生力を手助けしてあげます。

 

肌の代謝「ターンオーバー」を促して、古い細胞を新しい細胞へとスムーズに入れ替えられるようになります。ハリやツヤを維持するための水分を保つ働きを高めたりもしてくれます。お肌の力を最大限に生かすかそうでないかは、黄金時間に睡眠を取っているかどうかで差が出てくるでしょう。

 

では、その肌再生のゴールデンタイムとは、一体いつの時期なのか。それは、午後10時〜午前2時の間と言われています。この時間帯、お肌や体全体の調子が整えるのにとても効果的な「成長ホルモン」が活発に分泌されているのです。この4時間の間に深い睡眠に導入されていることが理想的です。

 

しかし、肌再生の黄金時間は午後10時〜午前2時の間だけではない、とする説も中にはあります。この時間帯に限らず、睡眠導入から3〜4時間が経過した頃は成長ホルモンが活発に分泌されているであろうということが実証されています。

 

午後10時からの4時間の間が黄金時間とされているのは、今ほど社会が忙しなかった一昔前の日本人は、午後10時頃にはすでに眠っているような生活スタイルだったことが理由のように思えます。午後10時に就寝していることって難しいことのように思います。もしかしたら夜10時にはまだ会社にいる、という人もいらっしゃいますよね。

 

だから、午後10時からの4時間を睡眠に当てることが理想というのは、ちょっと現代社会では実現することが難しい理想かもしれません。様々な諸説がある中で、この睡眠導入から3〜4時間後に成虫おホルモンが盛んに分泌される説は、ゴールデンタイムの理想の崩壊に希望の光を射してくれる説のひとつですね。

 

■ゴールデンタイムがいつであろうと・・・
しかし、やはり人間の体は朝の日差しとともに起き、日が沈めば眠るようにできています。そうでなくても順応できる人もいるでしょうが、大丈夫だと思い込んでいるのか本当に大丈夫なのかは実際のところは分かりませんね。

 

人がずっと昔からそうしてきたように、早寝早起きが美容にも健康にも良いことなのは間違いないことでしょう。仕事などのため、理想を叶えることは難しくても、できるだけ早めに眠るようにすることを心がけるだけでも違うでしょう。ベストなのは午後10時〜午後11には就寝することで、遅くても日付が変わる前に睡眠に導入しているのが良いでしょうね。

 

乳酸菌は下痢の改善作用もある

 

下痢を改善させる作用も乳酸菌にはあります。下痢というのは、冷たい食べ物や飲み物を口にしすぎてしまったり、食あたりや消化不良によって引き起こされてしまいます。また、腸内環境が良くない状態も、下痢の原因になってしまうこともあります。

 

悪玉菌が腸の中で増えすぎてしまうと、腸内環境のバランスが崩れてしまい、腸の働きが低下してしまうことになります。
慢性的に下痢になってしまうと、腸が栄養素を摂取することができずに、脱水症状を引き起こしてしまうということもあるのです。

 

高齢者や赤ちゃん、幼児というのは、免疫力が弱いですから、下痢が死活問題になってしまうということもあります。ですから、免疫力が弱い年齢の人が下痢になってしまっているのであれば、速やかに対策を講じるようにしなくてはなりません。

 

悪玉菌が増えてしまっていることで下痢になってしまっているのであれば、善玉菌を増やすようにしましょう。では、どうやって善玉菌を増やすのかというと、乳酸菌を活用するのです。乳酸菌を摂取することによって、善玉菌の数が増えます。また、乳酸菌を摂取することで、腸内で乳酸菌は乳酸を生成していきます。

 

この乳酸というのは悪玉菌を退治する役割を持っており、悪玉菌の数を減らすことができるようになるのです。さらに、乳酸によって腸内を賛成にしていくことができるようになり、病原菌を増やさないようにしていくことができるようになりますし、善玉菌が繁殖しやすい環境を整えることができるようになるのです。

 

善玉菌を増やすことができるようになれば、悪玉菌による下痢を解消させることができるようになりますし、正常に腸を働かせることができるようになります。下痢になるということは、水分も便と一緒に排出されることになりますから、腸内の水分が不足しています。ですから、しっかり水分補給をしましょう。

 

脱水症状になってしまうと、便の水分もなくなってしまうため、便秘になりやすくなってしまいますし、体がけいれんをしてしまったり、体温が上がってしまいます。脱水症状が深刻化してしまうと、血液もドロドロしてしまい、心筋梗塞などに発展しかねません。ですから、乳酸菌飲料を飲むようにして、乳酸菌と水分を同時に摂取するといいでしょう。

 

こちらもオススメ乳酸菌サプリメントランキング